Session 9: Talks About TED Talks vol.2 のまとめ

12月5日(木)に開催されたTalks About TED Talks vol.2で取り上げた内容です。

1st Curator 片桐陽(スポーツ健康科学部2回生)

動画 Steven Addis: A father-daughter bond, one photo at a time

本文中での英語表現やプレゼンテーションでのポイント

  1. 実況的現在:臨場感をもたせる。強調できる。
    • 過去の出来事なのに現在時制で表現。
    • on one trip, we were walking, and she stops dead in her tracks, and she points to a red awning of the doll store
  2. 抽象表現:抽象的な場所を表すwhere
    • Well you can see where this is going.
  3. プレゼンテーションのポイント
    • 主節とそれ以外(接続節)では接続節は速いスピードで話すことが多い。
    • 話の内容の核心部分や主張、伝えたいことの部分、又はその付近ではスピードを落とす。
    • ゆっくり→早く→ゆっくり→早く→ゆっくり。あえて早く話す部分を入れることで、メリハリをつけて自分が言いたいところを際立たせる。※ただ単に最後をゆっくり話すだけではない。

2nd Curator 漁野岬(生命科学部3回生)

動画 Matt Cutts: Try something new for 30 days

本文中での英語やプレゼンテーションでのポイント

  1. 間の取り方:ジョークや強調したい箇所の前で長めの pause を置く。
    • I went from desk-dwelling computer nerd to the kind of guy who bikes to work — for fun. 
    • 大事なところをゆっくり言う。ジョークも。大切な部分の前には間を置く。
    • for fun → forは目的を表す。for funを言うことにより目的を強調できる。いろいろな目的がある中でも楽しみのためにということを伝える。
  2. 比較表現:more likely to不定詞 / less likely to不定詞
    • I learned that when I made small, sustainable changes, things I could keep doing, they were more likely to stick.
    • In fact, they’re a ton of fun. But they‘re less likely to stick.
    • 比較することにより、対象を際立たせることができる。
  3. 主張の繰り返し:大事なことなので3回言いました。
    • 序盤:Think about something you’ve always wanted to add to your life and try it for the next 30 days.
    • 中盤:I also figured out that if you really want something badly enough, you can do anything for 30 days.
    • 終盤:so why not think about something you have always wanted to tryand give it a shot for the next 30 days.
    • 主張やメッセージを序盤、中盤、最後に表現を変えて3回繰り返す。心に残る。